乳児院で働く看護師のお給料相場について

看護師の給料(乳児院・保育所)

子供好きな看護師さんは、看護師求人サイトを使って乳児院や保育園への転職もいいのではないでしょうか。
ここでは、乳児院と保育園の看護師の給料について説明したいと思います。
まず、乳児院の看護師の給料について説明します。

乳児院での看護師の主な仕事は、乳幼児の健康状態と養育状態の
管理です。施設の職員や保育士と一丸となって、
入所している乳幼児がすくすくと健康に育つように見守っていきます。

乳児院でのお給料は、勤務先や勤務形態や勤務時間によって違いが
あります。だいたい相場的には月額18~28万円前後です。

乳児院によっては、当直や夜勤を看護師が受け持つこともあります
ので、その場合は夜勤手当や当直手当がプラスされるので、
月額30~35万円くらいになることもあります。
看護師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

また、正看護師と准看護師でも違いがあります。基本給が3~4万円程の
差がある場合もあります。そして、看護師としてのキャリアやブランク
など、自分のこれまでの実績も考慮されます。

次に、保育所の看護師の給料について説明します。

保育所では、看護師の在籍は義務化されていません。ですから、
全ての保育所に看護師がいるわけではないので、求人募集も多く
はありません。

保育所は、公立保育園、私立保育園、認可保育所などがあり、
それぞれでお給料も違ってきます。保育所に転職する場合は、
給与面の待遇をチェックした方がいいでしょう。

基本的に保育所での勤務は日勤のみで夜勤はありません。
当直もほとんどありませんから、普通の病院での勤務に比べると
働きやすい環境と言えるでしょう。

ただ、お給料は医療機関に比べると夜勤手当や当直手当がない分、
少なくなります。看護師求人サイトを利用する際には注意してください。
相場的には、月額20万円前後でしょう。
公益社団法人 宮崎県看護協会

保育所には夜間保育所もありますから、このようなところが
看護師の募集をしている場合、夜勤や当直があるかもしれません。
夜勤や当直があれば、その分の手当てはつきますから、
日勤のみの保育所よりもお給料は高くなります。
相場は月額25~30万円前後でしょう。

病院における看護師の仕事

様々な医療機関や施設で需要が高まっている看護師ですが、就業先で1番多いのは病院です。公的医療機関、社会保険関係団体、医療法人、個人など様々な医療機関を国や都道府県が開設しています。

診療科によっても色んなケースがありますが、人命に関わる仕事になるので、やりがいと緊張感の両方がとても高いです。今回は病院における看護師の仕事を大まかに開設したいと思います。

★外来
外来というのは患者さんが来院して最初に診察を受けるところです。看護部門の中で最も忙しいとされており、心身ともに鍛えられるポジションです。3時間待ちの3分診療と言われているように、外来での業務は常に時間に追われています。

なので、限定された時間の中で正確に業務をこなすことが求められ、最も忙しい時間帯は午前中となります。検査に関する業務は食事抜きの血液検査などがほとんどなので、午後の診療は比較的ゆったりしています。一部の診療科は午後も変わらず激務です。

★病棟
「ナース」と聞くと1番に病棟看護師をイメージする人が多いのではないでしょうか。病棟での仕事はスケジュールが決まっています。

朝…検温・血圧測定、処置、検査、点滴、手術の送り出し
午後…カンファレンス、点滴、処置、記録、夜勤への申し送り

といった感じです。入院診療というのは病院において医療機関としての機能を試される重要な部門だと言えます。手術、投薬、大掛かりな検査が日常的に行われており、重篤な患者さんも入院されています。 スケジュールで決められていること以外にも、患者さんの病状の変化や精神的な部分も敏感に察知し、ケアにあたらなくてはいけません。患者さんとのコミュニケーション能力も求められます。

★手術室
入院と外来と同様に重要な部門です。外科を持つ病院の収入は手術件数にかかっているとも言われています。手術の準備や医師の補助を行って、器具や道具に対する知識やスキル、判断能力が求められます。

★ICU
救急処置をした重篤な患者さんやまだ油断ならない状態の患者さんを24時間体制でケアをします。

特定看護師の必要性

特定看護師は今までにない看護師です。現在は診療補助に含まれていないものとされている特定の医療行為があるのですが、それを診療の補助として行うことができます。

まだ資格化されておらず検討中となっているので、実際資格化された時にどの範囲までのことができるかという具体的なイメージがわきませんが、近いものとして認定看護師を挙げることができます。日本看護協会が認定する職能団体である認定看護師が実践していることに加えて、主治医の包括的指示の範囲で業務を行うことになるかと思います。

医療チームの中ではまとめ上げるリーダーのようなポジションとなることでしょう。認定看護師が必要と言われるようになったのは、在院機関の短縮化が背景にあります。急性期病院における医師の仕事量が大変多い為、今まで以上に安心安全の医療を提供するためにも仕事を分担したほうがいいのでは?という意見が出てきました。

看護師だけでなく薬剤師、理学療法士、臨床検査技師などの職能拡大を目指し、その中の1つとして特定看護師が提案されたのです。スタッフそれぞれの専門性を活かして分担すれば負担を分散できますし、よりよい医療を提供できると言えますよね。

一方で日本NP協議会を中心にナースプラクティショナーを創設しようという話が進められており、5つの大学修士課程において育成コースが始められています。特定看護師と同じものだと思われがちですが、欧米で活躍しているNPと日本における特定看護師とは性質が異なります。

NPは医師の指示を受けなくても医療行為を行いますが、特定看護師はあくまでも医師の包括的指示の下で定められた特定の医療行為を行います。看護師は病態学を学んではいますが、診断学の学習はしていません。なので、病態を把握できても病気を診断することはできないのです。

特定看護師が認められたら現在の看護師の業務範囲が狭くなってしまうのでは?と誤解されがちですが、看護師の役割を拡大させる為の特定看護師なので、業務範囲が狭くなることはありません。